2010年03月18日

中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡(産経新聞)

 奈良県明日香村の飛鳥寺西方遺跡で、7世紀の石敷き跡が見つかり、村教委が17日、発表した。石敷きは大化改新(645年)前に中大兄皇子(天智天皇)と藤原鎌足が初めて出会ったとされる「槻(つき)の樹(き)の広場」の一部だった可能性があるという。

 村教委は、国内最古の本格的寺院、飛鳥寺の南西約120メートルの地点を調査。10〜20センチ大の河原石が東西5・2メートル、南北2・4メートルにわたって敷き詰められ、周辺に一回り小さい砂利が敷かれていた。

 今回の調査地の北側で奈良文化財研究所などが過去に実施した調査と合わせ、石敷きは東西30メートル以上、南北70メートル以上に広がる可能性があるという。

 また、石敷きの約1メートル下から、瓦製の土管暗渠(あんきょ)(直径約20センチ)が出土。すでに見つかっている北側の暗渠とつながり、延長は160メートル以上になるとみられる。村教委は「人工的な整備が、飛鳥寺西門付近から南側に広がっていた」としている。

 日本書紀によると、藤原鎌足は644年、法興寺(飛鳥寺)の西の槻の樹の下で蹴鞠(けまり)が行われた際、中大兄皇子と親しく話す機会を持ち、その後、大化改新の策を練ったとされる。

 現地説明会は20日午前10時〜午後3時。 

【関連記事】
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
大和三山 中大兄皇子の歌と「美しき誤解」
7世紀前半ごろの「石敷き広場」出土 飛鳥寺の南、当時の道路か 
奈良・明日香村の石神遺跡で「幻の寺」 日本書紀などに記載なし
奈良時代の役所跡10棟発見 河合遺跡
20年後、日本はありますか?

治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
NEC元部長の過労自殺認定=「過重業務でうつ病」−東京地裁(時事通信)
<文京区長>育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
統幕学校の田母神氏拒否 理由は「政府と異なる見解を公に」(産経新聞)
「ニット議会」で気分も晴れやか=山形県山辺町〔地域〕(時事通信)
posted by サワムラ ヨシミツ at 20:05| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

<盗撮容疑>スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)

 女性のスカート内を盗撮しようとしたとして神奈川県警は16日、千葉県警成田国際空港警備隊に出向中の巡査、宮脇拓也容疑者(27)を県迷惑防止条例違反(卑わい行為)容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 容疑は15日午後6時40分ごろ、横浜市栄区笠間2のゲームセンターで、女子高校生とみられる女性のスカートの下にデジタルカメラを差し入れたとしている。気付いた店員が声をかけ、逃げた宮脇容疑者を取り押さえた。

 神奈川県警によると、盗撮画像はカメラに記録されていないが、宮脇容疑者は盗撮しようとしたことは認めているという。4月に出向を終える予定で、15日は異動休暇を取り、横浜市内の実家へ帰省していた。【杉埜水脈】

    ◇

 成田国際空港警備隊の吉開和彦隊長は「隊員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾です。指導を徹底し再発防止に万全を期したい」とのコメントを出した。

【関連ニュース】
盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警
盗撮:容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警
盗撮容疑:警視庁の巡査長を書類送検
盗撮:NHK職員逮捕 「自分を抑えられなかった」
盗撮:女性のスカートの中を 容疑の名古屋高検検事、書類送検へ

アメフト東海氏の妻が自民から参院選出馬へ!蓮舫氏と激突(スポーツ報知)
東京大空襲 朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
「健康づくり提唱のつどい」4月に開催−日本栄養士会(医療介護CBニュース)
奈良のシカ、腹部に矢 文化財保護法違反容疑で捜査(産経新聞)
泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因
posted by サワムラ ヨシミツ at 06:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

「メード・イン・刑務所」元刑務官の雑貨店で(読売新聞)

 受刑者が刑務作業で作った製品を中心に販売する雑貨店「プリゾナストア」が今月、阪神・御影駅前の商業施設「御影クラッセ」(神戸市東灘区)でオープンした。

 経営会社「プリゾナ」の吉田幸世社長(40)は元刑務官。「技術は高く、安価でお得」という〈メード・イン・ケイムショ〉が売り文句だ。刑務所は不況のために受注減に悩んでいるといい、販路開拓で、出所後の就労に役立つ刑務作業を増やし、再犯防止につなげることを狙っている。

 吉田社長は1989年に任官し、奈良少年刑務所に勤務。受刑者を間近に見る一方、警備で同行した収容中の被告の裁判では、事件で苦しむ被害者を目の当たりにした。「受刑者の更生の手助けと、被害者支援の両方に貢献できる仕事がしたい」と94年に退官。刑務所と企業の仲介などを手がけながら、2007年10月、会社を設立した。

 商品は同社のデザイナーが企画し、刑務所に発注。現在、合皮のかばん(525円)やナイロン製の筆箱(1029円)、缶バッジ(315円)など約10種類。ポスターに「刑務所製」の文字を入れてPRし、「安くて高品質の証明になる」と強調する。昨年から、ネットで販売を開始し、口コミで数千個が売れた。「作りが頑丈で壊れにくい」「シンプルだが洗練されている」と好評だ。

 その一方、吉田社長は退官後、犯罪被害者支援団体の集会に参加するなどし、支援の必要性を痛感。被害者の中には、加害者を憎むだけでなく、その更生を願う人が多いことも知った。缶バッジ1個を売るごとに100円を支援団体などに寄付する考えだ。

 吉田社長は「刑務官として、自分を変えようともがく受刑者を見てきたが、偏見や不景気などで就職できないのが現状。将来は店を増やして出所者も雇用するなどしたい」と話している。

「暴れん坊将軍の悪代官に影響された」… 建設会社に「小判」要求した山口組系組幹部を逮捕 警視庁(産経新聞)
松本空港で気圧値発信ミス=旅客機着陸に遅れ−雪で視界悪く、安全懸念も・気象庁(時事通信)
中井防災担当相、低い津波避難率で「きちんと報道されなかった」(産経新聞)
<琵琶湖文化館>休館中なのに寺社から寄託相次ぐ 仏像盗難防止も(毎日新聞)
裁判員裁判 「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
posted by サワムラ ヨシミツ at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。